歯が折れたのは後遺症?

交通事故で自分の歯が折れてしまった場合には再び自分の歯を戻すことはできませんが義歯を作って直すことができます。
もちろん、かむ力に変化がありますが、これが後遺症として認められるケースは少ないでしょう。
義歯などは先方の保険会社から保証されることになりますが、ここでどのような歯を選ぶことができるのかは保証内容によって違ってきます。


高級なセラミック義歯を作ることができる保険もあれば保険適応範囲内での義歯しか作れないような場合もあるので、どこまで保証されるのかをきちんと先方と話合うようにしてください。
ただしもともと高級なセラミックの義歯などを入れている場合には同じ材質で作られた義歯を保証してもらえるケースがほとんどです。


また、インプラント手術を受けていて交通事故により土台がずれてしまったなどといった場合にも、基本的には改めてインプラント手術をするための保証が受けられます。
基本的には交通事故に遭う前の状態と同等の保証が受けられますので、例えば先方の保険会社から保険適応範囲内での保証しかできないと言われても、しっかりとした交渉を行っていくようにしましょう。


納得がいかなければ示談には応じず徹底的に交渉を行い自分が納得した上で示談に応じるべきです。
特に歯というのは全身にも大きな影響を及ぼす存在ですので、こうした部分までをしっかり考えた上で適切な保証をしてもらえるように先方の保険会社と話し合いを持ちましょう。


ひとまず見た目を気にするがあまり自腹を切って高級な義歯などを作ってしまい、そのお金を後から請求しようとしても対応してくれないケースもありますので必ず事前に確認しましょう。


[Recommend Site]
後遺障害について保険会社と交渉を行ってくれる弁護士を紹介してくれるサイトです・・・後遺障害 弁護士

Copyright © 2014 様々な後遺症 All Rights Reserved.